網膜疾患

網膜は光を感じるフィルムのような役割

網膜は約0.2ミリのうすい膜で、よくカメラのフィルムに例えられます。光を角膜、水晶体で屈折させ、網膜上に焦点を合わせます。網膜には視細胞(光を感じるセンサー)があり、視神経によって脳へと伝えられます。
網膜の毛細血管が切れて出血したり剥がれたりすると栄養がゆきわたらなくなり、光に対する感度が鈍くなったり、見えにくくなったり、視界が欠けるなどの障害を起こします。 普段は両眼でものを見ているため、視野の異常に気付かず、かなり進行してから自覚することも少なくありません。 網膜はその機能を失うと再生することはなく、早期発見・早期治療が重要な疾病の1つです。目の健康状態を定期的に把握しておくと安心です。

代表的な網膜疾患

眼底出血

眼底出血は網膜周辺の毛細血管や動脈が詰まったり、もろくなったりすることで、眼底のどこかしらの部位が出血してしまっている症状のことを言います。

網膜剥離

網膜剥離は眼底にある網膜が剥がれ、視力が低下する病気。網膜はカメラで例えるとフィルムにあたる大変重要なものです。痛みを伴わないため症状に気づきにくいことが多い病気。

黄斑変性症

黄斑変性症とは最近、50代以上男性において急増している病気。進行すると失明します。症状としては、焦点を当てようとしているものがボケたり、中心付近がボケ、視界が狭くなります。両目で普段は物を見るためなかなか症状に気づきにくいことがあります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は糖尿病神経症と糖尿病腎症と並ぶ3大糖尿病合併症です。その名の通り、糖尿病が原因で網膜へ障害が発生し、視力が低下する病気です。早期治療と定期検診が進行を抑える最良の手段です。

当院での網膜疾患に対する治療

OCT(光干渉断層計)による早期発見

網膜疾患の多くは自覚症状がない場合があり、気づいた時にはかなり進行してしまっていたというケースが少なくありません。
そうしたケースを防ぐため、当院では網膜疾患検査のため、OCT(光干渉断層計)を導入しております。
このOCTは網膜疾患以外にも、糖尿病黄斑浮腫、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫、加齢性黄斑変性症、緑内障など色々な疾患の早期発見及び治療後の経過観察に有効です。
糖尿病と診断された方は、糖尿病網膜症を発症するリスクがあります。定期的な検診を行うことで早期に発見が可能ですので、眼の健康状態を気にすることをおすすめいたします。

必要に応じ、レーザー光凝固治療も可能

眼底出血や糖尿病網膜症、網膜裂孔・円孔にはレーザー光凝固術によるレーザー治療が可能です。
メスなどで直接目へ傷を入れないため、入院の必要もありません。

pagetop