緑内障

緑内障とは

視神経が圧迫されて視野に異常を起こす病気

眼球の中は、血液のかわりに酸素や栄養分などを眼の組織に運ぶ「房水(ぼうすい)」という透明な液体がつねに流れています。
この房水が排出される排水口のことを「隅角(ぐうかく)」といいますが、これがなんらかの原因でうまく働かず、排出されにくくなると、眼球内に房水がたまり、眼圧が高くなります。この眼圧が、視神経を圧迫することで視神経の正常な機能を妨げ、視野が狭くなるなどの障害が起こってきます。これが緑内障のしくみです。

また、人によって視神経の強さはまちまちなので、正常な眼圧を保っていても視神経に障害が起こることもあります。緑内障とは、眼圧と視神経のバランスが崩れることで引き起こされる病気なのです。

緑内障視野欠損のイメージ

  • 初期 自覚症状なし
  • 中期 この段階でも自覚症状が無いことも多いです
  • 後期 視野が欠けています

当院での緑内障治療

早期発見フォローアップが重要です

OCT(光干渉断層計)

緑内障により一度失われた視力は基には戻りません。そのため非常に重要になってくるのが早期の発見です。
当院ではTOPCON社の最新OCT(光干渉断層計)を導入しております。OCTは診察や眼底写真だけではわかりにくい網膜の状態を非常に細かく解析が可能です。従って網膜に関する病気に対して、早い段階での治療方針決定を行うことが出来たり、正確な治療効果判定が出来ます。
また、このTOPCON社の最新OCTでは網膜断層撮影以外にも、視神経乳頭周囲の網膜神経層や、形態の解析が可能で、緑内障で重要な早期発見及び治療後のフォローアップに活躍いたします。

ハンフリー視野計

慢性的な緑内障において視野検査は非常に有用な検査の一つと言えます。それは慢性緑内障の自覚症状が殆ど無いまま、視野が見えづらくなっていくためです。
当院ではカールツァイス社のハンフリー視野計を導入しております。日本および世界中で標準的に導入されている視野計で、ハンフリー視野計で取得したデータは転院時にも共有することが可能です。

pagetop