小児眼科

小児眼科とは

お子様の目の健康を守るのはご両親です

小児眼科と成人向け眼科の違いとは何でしょうか?
答えは目的の違い。成人向け眼科の場合は眼に発症した病気を治療する事が目的。小児眼科は大人になった時に眼が正常に働くようにしてあげるとこが目的です。
お子様の眼の状態をしっかりとチェックしていますか?子供の眼が大人と同じくらいに成長するのは約6歳程度と言われています。本人は眼の障害に気づきにくいですし、周りも注意深く見てあげなければ気づきにくいものです。子供に眼の病気に多い斜視や弱視は早期の発見と早期治療が非常に重要となってきます。日頃からお子様をよく観察してあげ、できるだけ早く気づけるようにしてあげましょう。

視能訓練士が対応いたします

視能訓練士とは昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者。
当院では視能訓練士が医師の指示の下、視能検査・斜視や弱視の訓練治療を十分な時間をかけ、丁寧に行っております。
必要に応じ、こども医療センターや小児療育センターへのご紹介も行っております。

pagetop